まちづクリエイティブは既存の街のなかに、その街の歴史文脈を踏まえながら独自の生態系を創り出す、まちづくり会社です。

独自に立ち上げたMAD City(千葉・松戸)を本社拠点として、他地域からも依頼を受け、各地でのまちづくりに取り組んでいます。近年の事例としては、佐賀・武雄市での「TAKEO MABOROSHI TERMINAL」、埼玉・埼京線(JR東日本)での「SAI-KYO DIALOGUE LINE」などがあります。

募集要綱

既存エリアのさらなる深化や、今後に予定している新規エリア進出のために、エリアの運営を担うエリアマネージャー候補スタッフを募集します。下記をご確認のうえ、ご応募ください。

  • 勤務地:千葉・埼玉・佐賀、他
  • 給与:当社規定による(試用期間6ヶ月)
  • 求める条件等
    • 社会人経験
    • アートマネジメントや地域起業の経験者歓迎
    • 将来自らエリアのまちづくりを実践したい方歓迎

応募方法

履歴書を下記にメールでご送付ください。

info@machizu-creative.com

個人情報の取り扱いについて
氏名、住所など、採用のプロセスで収集させていただく個人情報は、当社の採用目的にのみ利用します。お客様ご自身の同意なしに第三者に提供・開示および委託することはありません。また、ご応募書類の返却はいたしておりません。(責任廃棄いたします)

まちづくりキャリア相談室

まちづクリエイティブでは、今の仕事や、これからのキャリアにモヤモヤ感を持っていたり、今後まちづくりに携わりたいと思っているけれど何を始めたらいいかわからない、などご相談にのっています。

詳細は まちづくりキャリア相談室 をご覧ください。

募集にかかわるQ&A

Q:会社としてどんなことを目指している?

まちづクリエイティブは、自立的な地域活性をデザインするまちづくり会社です。ターゲット地域を絞り込み、小さな範囲で歴史文脈に根差したエリアブランディングを構築することから始まる、クリエイティブ産業に焦点をあてた総合的なエリアマネジメントを提供しています。

Q:具体的な業務としては、どんなことをする仕事ですか?

すでに展開中のエリア内では、空き家などの中古ストックの利活用、クリエイティブ人材のインキュベーション、行政や企業の商品開発やコンテンツ提供、等の事業を行っています。また初動期は、独自の手法をもとにエリアのリサーチやフィールドワーク、およびその成果を踏まえたビジョンやVI(ビジュアルアイデンティティ)、将来の事業計画などを策定する業務も行っています。総じて、関りとしてはコーディネーターやディレクションが主になります。

Q:どんな経験が活かせる仕事ですか?

アーティストやクリエイター、ビジネスセクターや行政セクター、地元コミュニティといった多様なプレイヤーを繋ぐコーディネートを行い、地域での事業開発を行います。このため、特にアートにおけるマネジメント経験、地域おこし協力隊や6次産業化におけるローカルでの起業や事業の経験が活きる仕事です。

Q:まちづクリエイティブが考える「まち」とは?

「まち」は文化や経済におけるエコシステム(生態系)の最小単位だと考えています。つまり社会の縮図そのものであり、日常的に「まち」を変えることは、自分たちが暮らす社会を自ら変えていくことに他なりません。また「まち」は、長期的な存在でもあります。ただ物理的に存続するだけでなく、その地の歴史や先人の培った文脈を継いで更新する、自立し自律して「つづく」ものであるべきだと考えています。

Q:まちづクリエイティブと他の「まちづくり企業」との違いは?

まちづくり会社も多様ですが、多くは行政や外郭団体、地元金融機関や商店街が参加する大掛かりな組織で、地元に縁が深い方々で構成されています。また大都市部の再開発から、人口数千人の町村まで、規模も多様ですが、大規模なものは面的ながら十数年後に成果が可視化されるようなスローな取組であることが多く、小規模なものは一つの取組に特化した「点」の取組に留まることが多いと言えます。

こういった現状にあって、まちづクリエイティブには独自の特徴が多々あります。例えば事業展開の対象として、「地元」と縁のない地域で展開する点、半径500m程度のごく小さい徒歩圏に絞って展開する点、過疎の現場や限界集落といった地域ではなく、かといって大都市圏の大規模再開発でもなく、人口3~10万人程度の中規模な地域を対象とする点、などです。また実際の事業内容としても、関わった地域に根を張り永続的に事業を継続する点、店舗や事業所といった「点」ではなく面的なエリアを創出する点、クリエイティブ産業に焦点をあてた事業創出を行う点、空き家問題や市街地活性化さらには観光や教育をはじめ幅広い社会課題を対象としている点、数年というごく短い期間で事業推進するスピード感など、他にはない特徴を備えています。これらは「自治区」を掲げるまちづクリエイティブの独特な価値観と手法に基づいています。

Q:まちづクリエイティブでの仕事の経験から、将来的にはどのようなことができるようになりますか?

さまざまなローカルでの事業創出の経験を通じて、自分自身で選んだエリアでまちづくりに関わる起業を行うことができるようになります。会社としても、社員による他地域での起業を支援していくことを考えています。また、不動産開発に関わるディベロッパーや、地域に関わる民間企業や行政への転身の可能性も想定されます。

次のポスト
前のポスト
アーカイブ